まさかここまで低視聴率になるとは思わなかったでしょうね

最近苦戦が続いているフジテレビでしたが月9ドラマ「民衆の敵」が大苦戦となってしまいました。初回は視聴率が9.0%でスタートした民衆の敵はその後視聴率が伸びず、最終回には4.6%にまで低迷してしまいました。

月9ドラマで4%台を記録した事は今まで1度もなく、歴史的な大惨敗となった格好です。既に来年1月期とその次の4月期のドラマは決定していますが恐らく現在不安しかないでしょうね。

しかもフジテレビにとってショックだったのはTBSのドラマ「陸王」が最終回で20.5%を記録し20%の大台を突破した事でしょう。

民衆の敵がどんどん視聴率を下げていく中視聴率を上げていく陸王は対照的で、低視聴率の原因が力不足である事をまざまざと見せつけられた訳ですから。

フジテレビの苦悩はしばらく続きそうです。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。