この頃は見かけなくなりました

祖母が生きている頃は、お針仕事をしていましたので、眼鏡を掛けたお婆さんが、

ちくちく縫物をしている、何ともほんわかする様な光景を見ることができましたが、

最近は、お婆さんと居る機会もなければ、そのような針仕事は、目が遠くなって

できない、という方も多く、次第にイメージの中の姿になってしまいました。

昔好きだったキャラクターに、お婆さんがいて、雑貨店を営んでいるという

設定でした。今でも、知恵袋メモ帳、賞状スタンプ、ハンカチ、筆箱を持っています。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。