1度の脳震盪でもパーキンソン病のリスクが跳ね上がる!

アメリカの神経学会誌に発表された内容によりますと、軽度の外傷性脳損傷の場合は56%、中程度から重度の損傷の場合は83%パーキンソン病発症のリスクが増大するそうです。

つまり1度でも脳震盪を起こした場合はそれだけパーキンソン病のリスクが跳ね上がる、という事らしいです。

びっくりなのはたった1度だけの脳震盪でそれだけリスクが跳ね上がる事ですよね。

何回も何回もダメージを与えてしまえばなんらかの不具合が起こっても不思議ではないように思いますが、たった1度のミスといいますか、それすらも許されないと考えるとちょっと怖いといいますかやっぱり脳というのは精密機械なんだなという感じですね。

今回の発表ではパーキンソン病にしか触れていないと思いますが、もしかしたら他の脳の病気も外傷がキッカケになって発症しているケースがあるんでしょうね。

たぶん把握出来ていないだけでかなりの件数が頭を打った事なんかがキッカケになっているんじゃないでしょうか。

そもそもこういうのってウイルスを貰ったのがいつなのか分からなくなるウイルスの潜伏期間みたいなもので、なかなか昔どこで頭を打ったとかは分からないと思います。

また脳へのショックと病気の関係で何か発見があるんじゃないかなとも思いますね。

とりあえず脳震盪にならないように普段から気をつけましょう。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。