ノーベル賞の影響力はとても大きいものです。

ノーベル賞受賞者の発表が続いていました。
私も日本人科学者の受賞があるのかと興味深くニュースを観ていました。

残念ながら日本人受賞者はいませんでしたが
メディアも連日報道しており、ノーベル賞の注目の高さを物語っていました。

思えば、iPS細胞の研究でノーベル賞を受賞した京都大学の山中伸弥教授は
受賞が決まる以前、研究予算の不足を補うためマラソン大会に参加して
研究のPRをしていました。

それがノーベル賞の受賞が決まると政府は研究予算の増額を決定していました。
iPS細胞技術は可能性の大きい分野なので政府にはノーベル賞の受賞に関わらず
もっと援助して欲しかったと私は思っていました。

とにかくノーベル賞の受賞は政府の予算を変えるほど影響力の
大きいものだということが判った出来事だったと私は思っています。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。